2017年2月24日 | 出産 / 育児 / 道具としてのコンピュータ
データを使って効率的に保活を進める

今話題の保活というものをしまして、なんとか娘を今春から保育園にいれることができそうです。

当然妊娠中から保活をしていたのですが、重いおなかを抱えて保育園を歩き回るのは本当に大変で、しかも予定日より早い出産だったこともあり、結局予定していた保育園を全部見学することはできませんでした。
そんな状況でも効率的に保育園を見学することができたのは、事前にある程度データをまとめていたからかも…と思い、自分のデータを活用した保活方法を公開したいと思います。

なお、情報は東京都品川区の2017年4月入園の内容です。また、世帯年収などの個人情報については、ダミーデータとなっています。この内容を利用して保活を行った際の結果について、筆者は責を負いかねますのでご了承ください。

(1)まず、自分の世帯の基本指数・階層を算出しました。

●基本指数については、品川区の情報と、自分の世帯の勤労等の状況を元に算出します。我が家は夫と私の共稼ぎで20点+20点で40点になります。詳しくはこちらから
●階層については、区市町村民税の情報を入手し(納税証明書等を取り寄せるのが吉)、区が出しているテーブルに合わせて算出します。
こちらは、今回は仮にD16ということにします。 (当年度分区市町村民税が338,000円以上354,000円未満)。

※この指数・階層については、区役所に確認しても教えていただくことができませんでした。あくまで上記算出内容は推測です。
これを区から教えてもらうだけで、かなり安心して保育園を回ることができると思うのですが…。

(さらに…)

2017年1月24日 | 出産 / / 育児
産前・産後に読みたいKindle出産・育児マンガ10

昨年11月に娘を出産しました。妊娠による肉体的・社会的変化を面白がると同時に、そこそこの年での妊娠でしたので、無事出産できるのか…と妊娠期間中はかなり不安な日々を過ごしていました。おかげさまで娘はプリッと産まれてくれたのですが、出産前の不安を紛らわせてくれたのが、数々の妊娠・出産・育児マンガです。出産のための入院期間中はiPadを持ち込んで、いつでも好きな漫画にアクセスできる夢のような日々。漫画(とドラマ)漬けの毎日でした。これから出産を迎える方の参考に、私が読んだ漫画リストです。

☆は3点満点。☆3つは超おすすめです。

産前編

助産師さん呼びましょうか? ☆☆☆

妊娠中に何回も読んだ漫画。漫画家、尚桜子(ナオコ)さんの妊娠、出産までを追った物語です。丁寧に妊娠の過程が描かれていて、とても参考になり、繰り返し読みました。
特筆すべきは、作者が母乳育児の総本山と言われている広尾の日本赤十字社医療センターで出産をしたということでしょう。こちらの病院は、かなり厳しい母乳育児で有名で、当初は私もここで産もうかと思っていたのですが、この漫画を読み、描写されているスパルタぶりに恐れをなし、普通の病院で出産することにしました(そして、その選択でよかったです…)。
同時に日赤の良さも描かれてます。(作者さんは、この病院でたくさんママ友ができるのだけれども、出産に対する思い入れが強い方がこの病院を選んでいるからこそあり得た状況なのではないかな、と)。
日赤で出産を検討している方は是非一読されるとよいのでは。

(さらに…)

2016年9月10日 | DIY / fab / イベント / 手芸
結婚式の席札・ウェルカムボードを手作りする

先週結婚式・披露宴を行いました。

こまごまとしたもの作りが好きなもので、はじめは招待状や席次表やプチギフトなどの小物を活版印刷やらシルクスクリーンで手作りしたい~!作らせろ~~!!と思っていたのですが、さすがに時間的に厳しくて、ピンポイントでウェルカムボードと席札だけを手作りすることにしました。

席札は一人一人の方にお持ち帰りいただけるものなので、できればお土産にできそうなものを…と思い、レーザーカッターで木にお名前を彫り込んだものを作りました。

イラストレーターでデータを作って、レーザーカッターに流し込めば、形通りにカットし、彫刻も施してくれます。

こんなかんじ。

2016-09-10-22-36-55-1

1枚の木から20名分ぐらいを同時に切り出したのですが、彫刻が思いのほか時間がかかって、20人分を作るのに40分ぐらいかかりました。焦げ目の処理をどうするかとか、表面をどう加工するかとか、なかなか悩ましいところはあったのですが、結果としてなかなかよい風合いに仕上がったのではないかと思います。

レーザーカッターはSONY Creative Loungeさんのものを使わせていただきました。いつもありがとうございます。

ウェルカムボードははやりの黒板風で。イラストレーターでデザインした文字とイラストを、黒板風に仕上げた板にトレーシングペーパーで転写してポスカでなぞるという、アナログな方法で作りました。これはなかなか難しかった…。

14231784_1088360891245221_6943818168467469611_o

(photo by Aさん)

最近はPinterestやInstagramで結婚式演出のアイデアもたくさん仕入れることができ、ものを作るための道具や材料も簡単に手に入ります。アイデア次第で安価に自分くイベントの演出ができる、なんとも楽しい時代になったなとしみじみと思うのでした。

2016年8月25日 | DIY / 暮らし / 生活の知恵
流しの下に棚を作る(2)

この春から夏にかけては、引っ越しやらなんやらでバタバタしていました。あわただしい中でも家のしつらえを考えたり、ちょっとした工夫を加えるのは楽しい時間です。

前の家に引っ越したときに、台所シンクの下に棚を作ったのですが(参照記事)、今度の家も台所シンクの下の棚に高さがあったので、鍋の収納力を増そうと棚を作りました。

前回棚を作ったのが2012年。それから4年が過ぎて、DIY系のサイトや、パーツを販売しているネットショップなど、アクセスできる情報が格段に増えた感があります。

まずは設計。棚の下の寸法を測って、簡単な設計図を書きます。

2016-08-25 17.46.50

今回はシンク下とガスレンジ下の2箇所に設置しました。
ポイントは、シンク下の棚の、水道管に合わせて切り抜いた部分です。
(水道管がなければわざわざ棚を自作する必要もないのですが…)

板は東急ハンズで購入。ラワン材の合板。どういう材料を購入すればいいのかがわからないのが難しいです。
素材と釘の組み合わせがわかれば、作れるものの幅が広がる気がするのですが、経験値を積み重ねるしかないんでしょうか…。

2016-08-02 19.58.08

ハンズで木材カットと配送まで頼みました。全部で5,000円ぐらいしてしまって、予算オーバー…。

(さらに…)

2016年3月14日 | ベトナム / 旅行 / 食べること
ハノイ4日間の旅の覚え書き

R0014004

2016年3月、4日間ほどハノイに旅行に行ってきました。

母が世界遺産のハロン湾に行きたいということで企画した旅で、雑貨好きの私としてはベトナムのキッチュな雑貨を買うぞ~といさんでいった割りに、グルメツアーのようになり、美味しい物をたくさん食べて、ほんとうにどうしましょう、という感じの旅行になってしまいました…。明日からいろいろ慌ただしくなることが予想されておりまして、忘れぬうちにメモを残したいと思います。

(さらに…)

2016年1月28日 | 仕事
やさしいビジネス原稿の書き方(素案)

毎日仕事で原稿を書いている方法をまとめました。

気付けばずいぶん長い間文章を書く仕事に携わってきました。学生のときは編プロでバイトをしていて、400字600円の原稿料でアエラや別冊宝島にデータ原稿を書いていましたが、なんとか食べられるぐらいの原稿料はいただけるようになりました。(ほんとうに、いつもありがとうございます>発注先の皆さま)

原稿を書く仕事は、人の営みを言語化して他者に伝えることです。特にビジネス領域の文章執筆は、社会の暗黙知を形式知にして、知識の資産を蓄積するという、大変価値がある仕事だと私は思っています。文章に苦手意識を持っている方もいらっしゃいますが、順を追えば、基礎的な文章は誰にでも書けるものです。

私の原稿の書き方メモを公開します。
(この投稿は、状況に合わせて修正をしていくつもりです)

(0)道具
・取材時はICレコーダーを2つ用意します。(一つはバックアップ用です)
SANYO ICR-S280RM(メイン。とても軽くて使いやすい。販売終了になったのが惜しまれます)
Panasonic RR-XS455(サブ。音が良すぎてちょっと起こしづらい)
・執筆時に使うソフトウェアはokoshiyasu2と秀丸です。
http://www12.plala.or.jp/mojo/

(1)文字起こしをする
・まずはインタビューの音源を聞いて、文字起こしをします。
・丁寧に、特に固有名詞は間違いの無いよう起こしましょう。
・人が話している雰囲気を伝えるようなアウトプットの場合は、話の間合いなども含めて起こします。
・そうではない場合は、内容がつかめる程度の起こし方(ざっくりと起こす)でもよいです。
・「あの」「えっと」などは書き起こさなくてもかまいません。
・私は1時間の音声を2~3時間で起こします。クオリティーにもよりますが、それぐらいのスピードで文字起こしができれば、仕事になるのではないかと思います。
・okoshiyasuにはキーボードショートカットを設定します。私はf8に巻き戻し、f9に再生・一時停止を設定しています。それで十分かと。

(2)文字起こしから重要な場所をピックアップする
・私は文字起こしをプリントアウトして、重要と思う部分に蛍光ペンで線を引くようにしています。
・ペンを引いた部分を別のテキストファイルにコピペします。
・この部分を組み合わせて、原稿の骨組みを作っていきます。

(3)構成を考える
・コピペ先のテキストファイルには、重要な部分が羅列されていますので、これを見ながら全体の構造を考えます。
・同じことを言っているところは、一つにまとめます。
・別の紙に構成を書き出すことも多いです。
・はじめてその企業や対象について聞く読者さんにも理解がしやすいように、話の順番には気を付けましょう。一般の小説やエッセイでは、読むにしたがって理解が深まる流れが好まれますが、ビジネス文章では、はじめに結論を書き、そのあとに起承転結が来るような書き方が好まれます。
・文章は、完結明瞭を重視してください。
・勝手に憶測でものを書くのはやめましょう。ライターはイタコ業のようなもので、飽くまでも聞いた文章を素直にまとめることが大切です。
・もちろんある程度読者の理解を促すために、書き手が内容を補完をすることは必要です。
・仮のタイトルや見出しもこの段階でつけます。
・私は秀丸のアウトライン解析を使っています。
#は大見出し
##は小見出し
###は小見出しのさらに下の階層
として文章にタグをつけて、ブロックごとにまとめるようにしています。

(4)文章として整える
・ここが一番技術が必要なところなのかもしれません。バラバラな言葉を文脈がつながるように修正し、日本語として不自然ではないようにします。
・とはいえ、(3)ぐらいまでのところでだいたいの作業は完了しているのではないかと思います。最後の仕上げです。
・装飾的な表現や形容詞はあまり使わないように気をつけましょう。

(5)全体を読み直し推敲する

(6)タイトルや見出しを整える

以上。

思えばたくさんの先輩たちに原稿を見て直してもらってきました。商業界にいたときには、先輩から原稿に赤をガンガン入れられましたし、その後のITの会社ではそもそも理論的にものを書けない部分を矯正してもらったように思います。ほんとうにラッキーなこれまでの仕事人生でした。(プログラムの書き方を学んだのは、情緒的なものしか書けなかった自分にとっては、大きな転機でした…)
書き方と書けるテーマの2つが身につけば、結構強いです。文字の力で世の中をよりよい方向へ進めたり、自分の生活をよくしたりすることができるのではないかと私は信じています。

昔はペンは剣より強しといったけど、今はパソコンは剣より強し、なのかも、しれません。

※お知らせ

ビジネスとテクノロジーに関する文章書きの仕事に興味がある方は、ぜひ info[☆]plain-text.jpまでご連絡ください。(☆を@にかえてください)

Posted in 仕事 | No Comments »

2015年10月31日 | イベント / どうでもいい / 手芸
地味な仮装のハロウィンパーティーでスタバの店員になってみた

2015-10-31 22.53.54

みんな大好きデイリーポータルZさんが、地味な仮装のハロウィンパーティーを実施するという。

誘える相手がいなくて、行こうか行くまいかかなり悩んだのだけれども、直前の宣伝USTでマズローの5段階欲求のコスプレというのを見てしまって、いたくツボに入りもうこれは行くしかないなと。

なにになろうか考えた結果スタバの店員さんのコスプレをすることにしました。(ちなみに普段はドトール派です)

会場で出会ったほぼすべての方に、エプロンをどうしたのかと聞かれたのですが、自作です。(ヤフオクだとプレミアがついて結構なお値段になっているのです)

(さらに…)

2015年10月23日 | fab / Make
LOFT & Fab Award 2015 入選作品が展示されています

2015-10-23 18.57.48

まえまえから「パスタ1人分100gは多すぎる。でも一般のパスタメジャーは1人前100gだから、オリジナルの80gとか70gのパスタメジャーが欲しいよな。レーザーカッター使ったら簡単につくれるんじゃないかなー」と思っておりまして、そんな矢先にレーザーカッターの作品を応募できる「LOFT & Fab Award」というイベントを知ったのです。

昨年第1回を開催いたしました「LOFT & Fab Award」は「使う人が作る人」というコンセプトのもとに、
生活者自らが「デザインする・つくる」という選択肢を得る、という思いでスタートいたしました。
これは、急速に進化するデジタル加工技術を活用することにより可能となり、
一般の人たちがものづくり(デジタルファブリケーション)を体験できる時代を目指したものです。

「暮らしに役立つ生活雑貨」をテーマに3種類のデジタル加工機によってつくり出される「雑貨」の、
デザインとアイデアと技術を競うアワードとして開催いたします。

企画書だけで応募でき、実際の製作は入選作品だけでよいということで、せっかくの機会だしと、イラストを書いて応募したところ、思いもかけず入選のお知らせが届きました。おお、これが当選の喜びか。人生でこれまで一度も呼ばれたことがない「作家さん」という言葉に安易に心が躍ります。

しかし、一つの難関が立ちはだかりました。

作品を作れる風に企画書は書いたけれども、わたし、レーザーカッターを一度も使ったことがないのですよ。

(さらに…)

Posted in fab, Make | No Comments »

2015年10月2日 | ニューヨーク /
ニューヨーク、旅のあれこれ

R0011504

今回のニューヨーク視察で知った旅のTipsのメモです。

通信環境:Ready Sim+simフリータブレットで

旅行中は、T-mobileのReady SimをiPad miniのSIMフリーモデムにさして使っていました。JFK空港についたときにiPadを再起動してしばらくするとSMSが届き、アクティベーションもつつがなく進行しました。APN設定を「wholesale」に変更するだけで通信がスタートできました。(もっと面倒かと思っていました…)。

Google Mapのマイマップに行きたいところをあらかじめマッピングしておけば、現在地と行先の経路検索もスムーズに。

↑実際に旅行で使ったマップ(一部改編しています)

ただ、調子に乗ってWEBを閲覧したり音楽を聞きすぎたりしたからか、プリペイドで購入した500MBを3日で使い切ってしまいました…。イモトのwifiをバックアップに用意しておいて助かりました。いずれも地下鉄では使えないのがちょいと厳しかったですが。また、こういうものに頼りすぎると、頭の中に街の地図がなかなか描けなくて困りますね。やっぱり到着した先の紙の地図と路線図は速攻入手すべきなのだな、と思いました。(気づいて3日目に地図を買いました)

宿泊:Airbnbを使ってみた

話題のAirbnbを使ってみたところ、これが大当たり。ブルックリンのFort Greenという場所の、レイティングが高い女性ホストさんを選択。1泊7,500円。直前までチェックイン方法についての連絡がなかったのにはヒヤヒヤして、一時はキャンセルも考えたのですが、NYのホテル代は1泊2~3万円がざらで、いまさらどうしたものか…と悩んでいたところ出発の2日前に連絡が。「私はあなたが到着する時間にはいないから、角の店で鍵をピックアップしてね」と、メッセージ。ほんとうにほっとしましたが、同時に心臓には悪いな…と思いました。

(さらに…)

2015年10月1日 | Make / ニューヨーク
World Maker Faire New York 2015 レポートとちょっとしたご報告

IMG_3689

2015年9月26日、27日に行われたWorld Maker Faire New Yorkに遊びに行きました。

海外のMaker Faireに参加するのは2013年のサンフランシスコベイエリア、2014年の深センに続き3回目です。NYの流通小売業の最新の動向視察と絡めて、えいや!と行ってしまいました。

会場はニューヨーク郊外のクイーンズにあるNew York Hall of Science(ニューヨーク科学博物館)。

IMG_3615

IMG_3654

建物の中だけでなく、建物の外に大小さまざまなテントをはって、屋外でもたくさんの展示が行われています。雨が降らないことを見越してなのでしょうが、日本では考えられないな…と本当に羨ましく感じました。予定では900のMakerと、9万人の来場者、65社以上のスポンサーを見込んでいます。入場料は早割で1日37ドル(ちなみに当日券は45ドル)。日本からeventbriteで購入していきました。

会場は6つのゾーンに分かれていて、ゾーンごとにゆるやかにテーマが割り振られています。コンピュータ、ロボット、クラフト、教育、医療、ドローン、宇宙…等々。このあたりのジャンルは、日本とあまり違いがないようです。大きな違いはといえば、それぞれのゾーン1つ1つが、東京ビッグサイトのホール1つ分ぐらいの広さはあるのではないかということ。広さは日本の6倍…以上はあるような。

今回はじめてニューヨークという街を訪れてみて、町中の美術館やギャラリーの多さや、モニュメントの多さなどに、アートというものが普通に根付いている地域なのだなということを強く感じました。街を散歩していても、ちょっとしたアーティスティックな展示がそこここでゲリラ的に行われているのです。

ユニオンスクエアのそばでみかけた手作りのハト。

Keiko Kanoさん(@keikokano)が投稿した写真

そんなニューヨークという土地柄か、NYのMaker Faireはほかの地域のそれと比べてもアート色が強い展示が目立ったような気がします。

オランダのアーティストさんの作品。砂で地面に文字を書きながら進んでいます。

IMG_3732

Gamelatron。ガムランの音が心地よくて、周囲にはたくさんの人が横になっていました。

Keiko Kanoさん(@keikokano)が投稿した動画

こちらはプラズマボット。ガラス管の中にプラズマが走り、音楽と一緒にゆれます。

 Keiko Kanoさん(@keikokano)が投稿した動画

アメリカのお家芸?巨大展示。バーニングマン系。手のひら、口から火を噴くオブジェ。中に人が乗り込んで操作できるのもかっこいい。

IMG_3803

256台のRaspberryPiでMapReduceを可視化するプロジェクト。

IMG_3678

プロジェクションされた顔がこちらに向けて語り掛けてきます。怖いです…。

IMG_3700

ドローンバトルとドローンレースはDJIがスポンサーについています。司会者の煽った感じのアナウンスとか、ぶつかり合うドローンのカッコよさとか、噂には聞いていましたが、本当に華があるコーナーでした。目の前の網にドローンが思いっきり衝突してきて、観客から歓声が。びっくりしつつも楽しい。これはぜひ生で見ていただきたいです。

IMG_3709

個人的にはプリミティブなものが好きなので、この手のひらの熱で動くエンジン機関など最高にかっこよいなと思います。またこのおじさんのドヤ顔も素敵です。

IMG_3653

このゲームも面白そう。5つのオブジェを使って、例示された形を再現するというゲーム。数学者の方が考案されたそうです。

IMG_3666

農業系、クラフト系もかなり多くの展示があります。クラフト系は、あまりテクノロジーというところとは関係ない人たちも出展していました。(活版印刷で作ったカードとか、手作りのアクセサリーとか)

オープンな個人用プチ温室。Arduinoで光りや水、温度をコントロールします。

IMG_3730

いろとりどりのワッペンとか。

IMG_3620

HEALTHのコーナーができていました。医療関連のDIYで義手やネブライザーなどがありました。

IMG_3633

段ボールでできた恐竜。この手のモノはこどもウケがはんぱないです。「ぎゃー、だいなそーーーー♡」といいながら次々と子供が追いかけていきます。

IMG_3792

R2-D2とこども。

IMG_3825

一部だけSlideshareにまとめましたのでご覧くださいませ。

あ、こんなものが作れるんだ。こんなアイデアがあるんだ。きれいだ。不思議。おもしろい!かわいい!!…Maker Faireを訪れると、人間の想像力は本当に無限なのだと思わずにはいられなくなるのです。さまざまな作品に触れることで、こんなものも作りたい、あんなものも作れるんじゃないか?と自分のクリエイティビティも刺激されます。イベント会場を出るころには、ネタ帳のメモがびっしり、という感じ。わくわくするし、生きる力が湧いてくる。素晴らしいイベントなんだな。関わることができてよかったな、と思いました。

最後にご報告です。2015年9月末日で株式会社オライリー・ジャパン Maker Faire Tokyo の事務局としての業務契約を終了いたしました。見様見真似でスタートしたスポンサー担当、広報担当の仕事でしたが、多くの人に支えていただいて、なんとかお役目を全うすることができました。Maker Confernce Tokyo 2012からお手伝いをはじめて、3年半という短い期間でしたが、ものすごい勢いで成長していくイベントに内側から携わることができたのは、私にとって大きな財産になりました。チャンスを与えてくれたオライリーさんには感謝の気持ちしかありません。また、力が足りない私を、あたたかく見守ってくださったスポンサー企業の方、メディアの皆さま、運営スタッフのみなさん、Makerのみなさんにも心からお礼申し上げ下ます。

本年2月に自分の会社、株式会社プレーンテキストを立ち上げました。小さな会社ではありますが、ことばの力やシステムの力で、少しでもよい社会作りに貢献することをミッションに掲げており、そちらで企画、編集、執筆、マーケティング支援、システム構築支援業を中心に取り組んでいる次第です。お仕事などご一緒することがありましたら、どうぞよろしくお願いします。

IMG_3735